アロマリンパマッサージ基礎(伏臥位)下肢後面トリートメント|脚エフルラージュ・叩打・揉捏

左下肢(かし)後面(こうめん)のうち、左脚(あし 足首から上)後面のトリートメント。お客様は、うつ伏せのまま、施術者は お客様の左下肢側に移動する。お客様の左下肢が出るように、タオルケットを折る(外す)。アロマオイルを適当な量、両手掌になじませる。

(1)左脚後面 全体のエフルラージュ

自分の両手掌を、相手の左足の踵(かかと)に置き、密着させながら、相手の、ふくらはぎ、膝裏(ひざうら)、大腿(だいたい)までを、フェンサーズスタンス(Fencer’s Stance)で、自分の体重をのせ、一定の圧が脚に加わるように、滑(すべ)らせる。

相手の大腿の付け根まできたら、自分の両手掌を、相手の大腿の両側面に密着させながら、足首の両側まで戻る。戻るときは、圧を抜いて滑らせて戻る。①と②のセットを、10セットくらい繰り返す。

(2)左脚後面 全体の強めのエフルラージュ

自分の左手掌を、相手の左足の踵に置き、密着させ強めに圧を加えながら、ふくらはぎ、膝裏、大腿までを、フェンサーズスタンスで、自分の体重をのせ、一定の圧が脚に加わるように、擦(さす)り上げる。さらに、自分の右手掌で、左手掌を追いかけながら、擦り上げる。5回くらい繰り返す。

(3)左脚後面 全体の叩打法(こうだほう)

自分の両手の小指側面や手刀(しゅとう)で、相手の左脚全体を、交互に小刻みに弾(はず)むように軽くたたく。施術者は立て膝の姿勢で行う。相手の足首から、ふくらはぎ、膝裏、大腿までを、5回くらい繰り返す。

(4)左脚後面 全体の揉捏法(じゅうねつほう)

自分の両手掌で、相手のふくらはぎをつかみ、皮膚に密着させながら揉(も)み解(ほぐ)す(揉捏する)。指先には、あまり力を入れない。膝裏は力を弱めて行う。大腿は強めに揉みほぐす。施術者は立て膝の姿勢で行う。2回くらい繰り返す。