揉み解し基礎|あお向け(仰臥位ぎょうがい)前面(正面)-骨盤・大腿・上肢(じょうし)・肩・胸・首・耳

2ー2骨盤・大腿・上肢(じょうし)・肩・胸・首・耳

(1)左腸骨の内側・腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)・腹斜筋を、「痛かったら言ってください」と声をかけながら、両4指の上下圧や回転圧で、もみほぐす。 必要あれば、お腹のヘソの上に両手または片手の手掌を軽く触れて置く。または、お腹の上下で息を見るか、「息を軽く吸って・・・吐いて・・・後は自然呼吸」と声をかけ、吐いているときに、置いた手を優しく ゆっくり、時計方向に回す。

(2)盤外側・中殿筋・大転子の周り・股関節部、大腿外側・大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)・腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)・大腿四頭筋を、両母指と両4指の上下圧・回転圧などで、もみほぐす。

(3)お客様の足側を回って、右側に移動する。(1)(2)を、お客様の右側で行う。

(4)右上肢(じょうし)を、手のひらを上にして、ベッドか椅子の上に置く。右腋窩(えきか)リンパ部・小胸筋(しょうきょうきん)に両母指、大胸筋(だいきょうきん)・中府(ちゅうふ)・静脈角(じょうみゃくかく)部に両4指を置き、上下圧や、両手でつかんで、もみほぐす。必要あれば、4指や手掌だけの回転圧なども使う。

(5)三角筋、上腕二頭筋(腹側)、上腕三頭筋(背側)、前腕を、両母指と両4指の上下圧や回転圧で、筋繊維と直角方向や平行方向につかんで、もみほぐす。必要あれば、手の甲を上にしても行う。

(6)手のひらを上にして、親指と小指を、両手の環指(かんし 第4指)と小指(しょうし 第5指)で挟んで伸ばし(ストレッチし)、手首の中心から中指の付根までと、手首の両側から親指と小指の付根の内側まで、手のひらを両親指で押圧する。

(7)手の甲を上にし、両母指を甲側、両4指を手のひら側にして支え、立位で、ゆっくりと右腕を足の方向30度くらいで伸ばし、上下に揺らす。または、腕を伸ばして 1-2 (5) の手首の上下揺らしを行う。

(8)お客様の足側を回って、左側に移動する。(4)~(7)を、お客様の左上肢に行う。

(9) 頭側に移動。巨骨・肩井・肩外兪・肩中兪・首の付根・僧帽筋・棘上筋・胸鎖乳突筋、などと、その付近を、両母指の回転圧や上下圧で、押圧か、もみほぐす。両4指は鎖骨の胸側を支える。

(10)両4指の回転圧や上下圧で、鎖骨の胸側・大胸筋・中府・静脈角・鎖骨下リンパ部や、胸骨(きょうこつ)部・大胸筋の起始・胸部リンパ部(胸腺きょうせん)などを、もみほぐす。

(11)ほぐれにくいコリ(硬結部や過緊張部)は、母指や4指や手掌などで、軽擦(撫で擦り)や、適当な時間、触っているだけでも良い。

(12)首の両側の、胸鎖乳突筋・斜角筋・頭板状筋・肩甲挙筋・僧帽筋・棘上筋・頸部リンパ部などを、4指や手掌の、回転圧で、優しく、もみほぐす。

(13)両耳の後ろ・上・前・下など、後頭部・耳介(じかい)後・耳下腺(じかせん)の各リンパ部を、両4指や両母指の回転圧や上下圧や軽擦で、優しく ほぐす。

(14)両耳たぶを、両母指と両4指で、軽く包んで支え、優しく回してリンパを流す。