気管・甲状腺・副甲状腺・胸腺・食道・肺(身体の各部位の概略説明)

気管(きかん)

丈夫な軟骨に輪状に取り巻かれている10cmくらいの太い管。肺の手前で左右に枝分かれし気管支(きかんし)となり、さらに肺の中で木のように枝分かれを繰り返し、その先端部は肺胞(はいほう)という直径0.3mmほどの袋のブドウの房のような集まりになっている。肺胞に密集している毛細血管を通して、呼吸により肺胞に入った酸素を血中に取り込み、体内から運ばれた血中の二酸化炭素を肺胞に排出する。精神的なストレスや過労、睡眠不足、風邪(かぜ)、アレルギーなどが原因で、急激な気管支の収縮による呼吸困難(気管支喘息〔ぜんそく〕)を起こすことがある。

甲状腺(こうじょうせん)

首の気管の前側を取り巻くように位置している器官。2つのホルモンを分泌する。サイロキシンは新陳代謝を盛んにし、水の再吸収を抑制し、尿量を増やし、老廃物の排泄を促進する。カルシトニンは骨の融解を抑制し、血液中のカルシウム量を減少させ、骨の新生を促進する。甲状腺の機能が低下すると、浮腫み(むくみ)を伴う疾患に関係する場合もある。

副甲状腺(ふくこうじょうせん)(上皮小体〔じょうひしょうたい〕 ともいう)

甲状腺の後ろに左右2個ずつ、計4個ある米粒状の器官。パラソルモンというホルモンを分泌し、血液中のカルシウム量を増加させる。パラソルモンとカルシトニンのバランスの崩れは、骨粗しょう症と関係している場合もある。

胸腺(きょうせん)

胸の中央部の胸骨と心臓の間にある。骨髄で作られたT細胞を成熟・増殖させる。胸腺は小学生のころ最大化し、高齢になると共に脂肪に変化し、免疫力の衰えと関係する場合もある。

食道(しょくどう)

口で咀嚼(そしゃく)された食べ物を、波のような動き(蠕動運動〔ぜんどううんどう〕)により、胃まで運ぶ管状の臓器。

肺(はい)

枝分かれした気管支と、その先端部にある合計約3億個の肺胞の集合体が、胸膜で覆われたものである。呼吸は、肺が横隔膜(おうかくまく)や肋間筋(ろっかんきん)などにより膨らむと空気が吸われ、逆に、それらの筋肉や肺が縮むと息が吐かれることにより行われる。二酸化炭素を含んだ血液が静脈から心臓に戻り、肺動脈を通って心臓から肺に押し出され、肺胞で二酸化炭素を捨て酸素を受け取り、肺静脈を通って肺から心臓に戻り、新鮮な酸素を含んだ血液が心臓から動脈に押し出される。

予約制・電話の受付 7~19時・施術や講習の受付 8:30~19時(21時まで営業)・年中無休・臨時休業あり

〒416-0909 静岡県富士市松岡1573-13・駐車場3台

なかつかヒーリングサロン 080-3255-4725 または 0545-60-4725


●現在、中司和正の「整体つぼマッサージ全身もみほぐし」のみ受付します。お二人ご一緒の施術はできません。◆2021年から中司まゆみの施術も再開します。

下の「電話番号のボタン」を押しても「電話」ができます。●ご希望の日時・症状・性別を、ご連絡してください。

08032554725

0545604725

LINEで連絡や予約

上の「LINEの緑色のボタン」を押しても「連絡や予約」ができます。◆ご希望の日時・症状・性別を、ご連絡してください。

LINE」は24時間 受付ます。返信が遅れることもあります。パソコンでLINEのボタンを押すと「QRコード」が出ます。


●ページ下部の「メニュー(黒色)」にも「電話」や「LINE」のボタンがあります。

地図・交通へ