揉み解し基礎|うつ伏せ(伏臥位ふくがい)後面(背面)-肩・肩甲骨・上腕・前腕・手・背中・腰・骨盤・臀部

1-2肩・肩甲骨・上腕・前腕・手・背中・腰・骨盤・臀部

(1)お客様の右側に移動。両4指の回転圧や上下圧で、肩甲棘の上部・棘上筋(きょくじょうきん)、頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)と肩甲骨(けんこうこつ)の間・菱形筋(りょうけいきん)、肩甲骨の際沿い・僧帽筋(そうぼうきん)などを、少しずつ移動しながら、もみほぐす。

(2)肩甲骨の全体、とくに臑兪(じゅゆ)・棘下筋(きょっかきん)、天宗(てんそう)・小円筋(しょうえんきん)・大円筋(だいえんきん)を、同じ要領で、もみほぐす。

(3)正座になる。腋窩(えきか)の上部・肩甲骨の下部・肩貞(けんてい)・肩甲下筋(けんこうかきん)・広背筋(こうはいきん)・腋窩リンパ部、に両母指を入れ、両4指は肩甲骨の上に置き、肩甲骨の外側に沿って上下圧で、もみほぐす。

(4)上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)(背側)・上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)(腹側)を、両母指と両4指の上下圧や、両手でつかんで、もみほぐす。肘(ひじ)の上下両側の くぼみ(4ヶ所)を、両母指の回転圧で、もみほぐす。

(5)前腕(ぜんわん)を肘から手首まで、両母指と両4指の上下圧や、両手でつかんで、もみほぐす。手首甲側の両側のくぼみに両母指を当て、手のひらを両4指で支え、手首を上下に揺らす。次に、合谷(ごうこく)と、労宮(ろうきゅう)を、母指と4指で挟んで押圧する。

(6)お客様の足側を回って、左側に移動する。(1)~(5)を、お客様の左側で行う。

(7)お客様の頭側に移動。首の付根から腰、頚椎・胸椎・腰椎(ようつい)の両側に、両4指で体重を載せ、示指(じし 第2指)で背骨の際を確認しつつ、上下圧や回転圧を加えながら、僧帽筋・肩甲挙筋(けんこうきょきん)・菱形筋・脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)などを、もみほぐす。

(8)腸骨稜(ちょうこつりょう)・ヤコビ線、仙骨(せんこつ)の近くまで来たら、両母指を腰椎の両側に置き、両4指を背中に置き、回転圧や上下圧を加え、背骨の両側や背中をほぐしながら、首の付根まで戻る。

(9)前ページ1-1の(10)(11)(12)を、再度行う。

(10)お客様の右側に移動。左側の、仙骨や腸骨と第11・12番肋骨(ろっこつ)の間を、両4指の上下圧で、もみほぐす。まず腰椎の際を行い、その外側、またその外側と、移動して行う。広背筋、脊柱起立筋、腸腰筋(ちょうようきん)・大腰筋(だいようきん)、腰方形筋(ようほうけいきん)、腹斜筋(ふくしゃきん)、などの ほぐし。浮遊肋骨(ふゆうろっこつ)(第11・12番肋骨) に触らないよう注意する。

(11)左側の、仙骨から腰椎・胸椎・頚椎の左側の脊柱起立筋などを、両4指・両4指を握った関節部・手根(しゅこん)・手掌(しゅしょう)などを使い、上下圧や回転圧で、もみほぐす。

(12)左側の腸骨の上部や側部・中殿筋(ちゅうでんきん)・小殿筋(しょうでんきん)・大殿筋(だいでんきん)、左側の、仙骨の際、大転子(だいてんし)・股関節(こかんせつ)部と仙骨の間・梨状筋(りじょうきん)、坐骨(ざこつ)部、などの骨盤(こつばん)や臀部(でんぶ)を、両4指・両4指を握った関節部・手根(しゅこん)・手掌(しゅしょう)などを使い、上下圧や回転圧で、もみほぐす。

(13)お客様の足側を回って、左側に移動する。(10)(11)(12)を、反対側に行う。